ほうれい線を改善する

顔の老けを一気に若返らせる部分が、ほうれい線の改善です。いろいろなマッサージ法や化粧品などでも、ほうれい線が少しでも深くならないために考えられています。しかしそれでも自然の老いには、なかなか逆らえないのが現状です。そこで人気が高まっているのが美容皮膚科によるヒアルロン酸施術です。

ヒアルロン酸をほうれい線に注入することによって、ほうれい線を消すことができます。正しくは目立たなくするということになります。凹部分にヒアルロン酸を入れることで、その部分が平たくなるというわけ。メスも使わず注射器によってシワに少しずつヒアルロン酸を注入するだけです。ただし体に定着するものではないので、3~6カ月でほとんど吸収されてしまいます。もともと危険性のないものなので吸収されても問題はありませんが、効果はなくなることに。

現在は効果が長持ちしたり、まったくなくならないヒアルロン酸も出回るようになりました。しかしそれらは体に吸収されない不純物が入ってことであり、安全性のリスクも高くなると言われているのです。そのため安全に使用したいならやはり吸収されやすいヒアルロン酸がおすすめとも言えます。このようにヒアルロン酸施術は切らない安全な施術としても人気がありますが、やはりリスク面もしっかり医師と相談して決めることは大切ではないでしょうか。

参考サイト【ヒアルロン酸注入 / MAME 大阪心斎橋

Pocket

ヒアルロン酸施術とは

ヒアルロン酸施術によって美しくなりたい人が、美容皮膚科に集まります。ヒアルロン酸はもともと皮膚組織にもある成分であり、アレルギーなどを起こす心配もなく安全性の高い成分です。ヒアルロン酸の優れた保湿力は、1gのヒアルロン酸に6Lの水を含むことができると言われている成分です。だからこそ、わたしたちの肌はふっくらしていられるわけです。しかし加齢などによってだんだんヒアルロン酸の量が減ってきます。そのため凹の部分にヒアルロン酸を注入することで、その部分がふっくらして凸凹が目立たなくなるのです。加齢によってシワやたるみが出たときにも利用できます。おでこのシワやほうれい線などは代表的な部分ではないでしょうか。

また今の状態を変えたいために鼻に入れたり、涙袋に入れたり、唇に入れてふっくらさせたり、高くさせるということにも使われます。もちろんヒアルロン酸でも種類があり、美容皮膚科では上手にその部分部分に合わせ使い分けをして施術をするのです。ヒアルロン酸施術のトラブルはヒアルロン酸自体というより、施術者の医師の失敗がほとんど。そのため経験の豊かな医師を選ぶことが大切です。またヒアルロン酸のデメリットとも言える保ち時間ですが、大体3~6カ月と言われています。そのため効果を続けて感じるためには、効果が消える頃に施術を受けるという繰り返しが必要になるのです。

Pocket

ヒアルロン酸で美しく

最近は美容皮膚科での施術も一般的になりました。特に切る手術と違い、とても気楽に美しくなることができます。アンチエイジングなどにも多く利用され、シワとりだけでなく、たるみを目立たなくさせたり、ほうれい線を消したり、まぶたや頬のこけたところをふっくらさせたりと使用できる部位はさまざま。

まず額の横皺ですが、ボトックスも適応箇所です。しかしボトックスは仮面をかぶったような動きのない不自然さが不人気です。その点シワの凹の部分をヒアルロン酸で埋めてしまう方法は、とてもナチュラルに改善することができます。また加齢によって眉間にしわが深く寄りますが、深くなるととてもきつい顔つきになってしまうので、ヒアルロン酸を使用する人はとても多いと言われています。他にも若い人に人気の涙ぶくろ。色気とかわいさを強調するといわれている部分です。目の下の小じわや膨らみは凹の部分にヒアルロン酸を入れて、膨らみを目立たなくさせることもできます。

加齢を感じさせる部分の代表格とも言えるほうれい線を消すこともでき、一気に若返ることも。そしてほうれい線と、とても関係の深いマリオネット部分も。また口の上の縦皺も年齢を感じさせます。この辺の縦シワにもok。他にも鼻へ注入することもできます。鼻の根本に入れると、すっきりとした感じになるので、鼻に不満のある人にも、メスを入れないプチ整形としても人気です。また顎が小さいタイプや輪郭がすっきりしない人は、顎ヒアルロン酸を入れるという方法も。それによって顎がシャープに顔全体のバランスが整います。

Pocket