ヒアルロン酸施術とは

ヒアルロン酸施術によって美しくなりたい人が、美容皮膚科に集まります。ヒアルロン酸はもともと皮膚組織にもある成分であり、アレルギーなどを起こす心配もなく安全性の高い成分です。ヒアルロン酸の優れた保湿力は、1gのヒアルロン酸に6Lの水を含むことができると言われている成分です。だからこそ、わたしたちの肌はふっくらしていられるわけです。しかし加齢などによってだんだんヒアルロン酸の量が減ってきます。そのため凹の部分にヒアルロン酸を注入することで、その部分がふっくらして凸凹が目立たなくなるのです。加齢によってシワやたるみが出たときにも利用できます。おでこのシワやほうれい線などは代表的な部分ではないでしょうか。

また今の状態を変えたいために鼻に入れたり、涙袋に入れたり、唇に入れてふっくらさせたり、高くさせるということにも使われます。もちろんヒアルロン酸でも種類があり、美容皮膚科では上手にその部分部分に合わせ使い分けをして施術をするのです。ヒアルロン酸施術のトラブルはヒアルロン酸自体というより、施術者の医師の失敗がほとんど。そのため経験の豊かな医師を選ぶことが大切です。またヒアルロン酸のデメリットとも言える保ち時間ですが、大体3~6カ月と言われています。そのため効果を続けて感じるためには、効果が消える頃に施術を受けるという繰り返しが必要になるのです。

Pocket